読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけちゃんのアジア旅行情報

たけちゃんの旅行情報をこちらにまとめています

タイ パタヤから船に乗って行ったラン島が綺麗でした

タイというとまずバンコクですが、もし自由になる時間が2日間あれば、パタヤからラン島に行くことをお勧めします。ただ、ラン島は日帰りで、宿はパタヤの方がいいですよ。特に男性は。島に行くとレストランのゆバリエーションが減りますし、パタヤの夜はバンコク以上に乱痴気騒ぎで面白いです。

バンコクパタヤ-ラン島の行き方

バンコクパタヤはバスになりますが、エカマイから出る大型バスより戦勝記念塔の近くから出るバンタイプのバス(ロットゥー)に乗ったほうが便利です。大型バスはパタヤのステーションが街から離れていて、降りた後ソンテウ(トラックの荷台に乗るバス)やバイクタクシーに乗らないといけませんが、ロットゥーだと街の中心につけてくれますし、そこから船の埠頭まで歩けますから。

ラン島にはバリハイ桟橋から船に乗ります。この時ポン引きについて行くと高いモーターボートに乗らされるので、この船着場の建物の奥にある桟橋の一番先から出る船にのります。片道30バーツか40バーツぐらいでした。

船の行き先はタウエンビーチとナーバン桟橋がありますが、船を降りた後、ソンテウバイクタクシーに乗るので、ぶっちゃけどっちでも構いません。タウエンビーチは行ってもしょうがないので。

http://sekatabi.net/wp-content/uploads/2014/10/DSC03508.jpg

出典:http://sekatabi.net/2014/10/27/koh-larn/

 

 

f:id:take--chan:20160807015531j:plain

パタヤの桟橋から見る景色はこんな感じです。

 

船に乗るときは必ず救命胴衣をつけましょう。たまーに転覆とかするみたいですので。でもモーターボートはもっと事故りそうですので、高いお金を出して乗ることはないと思います。

f:id:take--chan:20160807015551j:plain

 

これどこだか忘れましたが、多分タウエンビーチかトンランビーチだと思います。この2つのビーチはびっちりとビーチパラソルが並んでいて、その下には中国人が大挙しています。別にダメって言うわけではないですが、中国人はビーチで水に入って遊ぶわけではなく、食べたり買い物したりが多いので、あんまりリゾートって感じが演出できないんですよね。

f:id:take--chan:20160807015632j:plain

 おすすめはヌアンビーチとセームビーチ

こっちは島の反対側。ヌアンビーチだと思います。ヌアンビーチとセームビーチはアジア人は殆ど来ないで白人ばかりです。ですので、雰囲気もビーチリゾートさが増してきます。

f:id:take--chan:20160807015713j:plain

 

人も少ないので、のんびり出来ますね。

f:id:take--chan:20160807015748j:plain

 

ビーチサイドに食堂はちゃんとあって、簡単な食事はそれなりに美味しいです。これはシーフード入りチャーハンで120バーツだったと思います。

f:id:take--chan:20160807015812j:plain

 

ビールは小瓶一本50バーツ。まずまずです。

それより、ビーチサイドで飲むビールの美味しさと言ったら。。。

f:id:take--chan:20160807015835j:plain

 

こんなトロピカルカクテルも作ってくれます。これは100バーツぐらい払ったんだっけかな。

f:id:take--chan:20160807015903j:plain

 

いまはルーブルが暴落して、ロシア人のバカンスが減ったと言っていますが、僕が行った頃はこんな超ビキニの女性が波と戯れていました。

f:id:take--chan:20160807015927j:plain

f:id:take--chan:20160807022157j:plain

タイもバンコクからちょっと離れると良いところが有るよという話でした。

 

バンコクの観光スポット紹介

バンコクの観光スポットを紹介します。

過去に行ったチャオプラヤ川沿いの寺院群は追記します。

まずはメインブログからの転載分

1.エラワン廟 

www.bangkoknavi.com

エラワン廟は、有名なパワースポットとのことです。近くの屋台も、全部お供え物を売っていました。

f:id:take--chan:20160522205617p:plain

場所は結構狭くて、学校の中庭ぐらいです。

f:id:take--chan:20160522205725p:plain

お参りする人は、花とお線香を買って、廟の四隅にお供えしてゆきます。このやり方は台湾のお寺も一緒だったような気がします。

 

f:id:take--chan:20160522205816p:plain

舞を踊る女性が常駐しています。その前で跪いて手を合わせている人がいましたので、お金を払ってお願いすると、その人のための祈りの舞をしてくれるのだと思います。

 

バンコクで安く洋服が買える市場の紹介

 バンコクは繊維産業がまだ盛んなので、衣料品は安くてにはいります。日本のカジュアルファッションの店もバンコクで仕入れている人が多いんだとか。

 1.セントラル・ワールド

www.bangkoknavi.com

セントラルワールドは、もう一つのショッピングモールである隣駅のサイアムパラゴンより庶民的な場所です。あちらが銀座であれば、こちらは新宿って感じです。伊勢丹や大型スーパーがあり、生活に必要な物は全部揃います。

f:id:take--chan:20160522205916p:plain

 伊勢丹は全館の案内がキティちゃんに統一されていて可愛い。サンリオキャラはアジアではどこでも大人気です。

 

 2.プラトゥーナム市場

4travel.jp

 

こちらは、女性向けのカジュアルファッションの卸問屋が連なっています。

実は、再開発絡みの立ち退き問題があって、この姿がいつまで残るかは分かりません。

f:id:take--chan:20160522210031p:plain

ちょっと露出多めのTシャツなんかが、山積み激安で売ってます。一枚300円しません。

 

f:id:take--chan:20160522210431p:plain

ジーンズショップのマネキンがいい表情をしてました。

 

f:id:take--chan:20160522210529p:plain

ホットパンツも、たいてい一枚300円前後、500円したら高級品です。

 

男性用のシャツとかはなかなか売ってないですが、お店を探してYシャツを買いました。一枚1000円弱。

 

3.ウイークエンドマーケット 

www.bangkoknavi.com

 これは、BTSっていう電車で移動して行きました。土日だけ開催されている市場です。ここも間口一間ぐらいのお店が数百件犇めいている場所です。

売っているものは、こちらも洋服がメインですが、観光市場なのでおみやげ品もありますし、ペット用品も売っています。

f:id:take--chan:20160522210742p:plain

おそらくおみやげ屋さん。仏教関係のものが売られています。

 

f:id:take--chan:20160522210848p:plain

オリジナルのサンダル。バンコクは暑いので、こういったサンダルで歩くのが気持ちいいです。

f:id:take--chan:20160522210957p:plain

可愛いTシャツもいっぱいあります。

 

f:id:take--chan:20160522211239p:plain

ジーンズをリサイクルしたバッグ。一個300円ぐらいと激安です。写っているビスチェのバッグを買おうと思ったんだけど、なぜかそれだけ3倍以上高くてやめました。

本編、後でもう少し資料として使えるように纏めて、「とらべるたけちゃん」に転載しようと思います。

 

 

 

 

台湾の温泉 烏來の露天風呂

この記事は、メインブログからの転載です

 

(注)この記事は2007年の取材を基に書かれています。Web情報で補強していますが、最近の状況は直接取材していません。

 

台湾の温泉

 
僕は2004年から2007年まで台湾に単身赴任していました。単身赴任とはいえ、台湾は日本人に優しく、スーパーやスポーツジムなどの生活環境には不便がなかったので、何不自由ない生活を送ることができました。
そんな中、週末の楽しみは台北近郊の散策、特に好きなのは温泉探訪でした。台湾は日本以上に温泉地があり、日本統治の影響もあるのか、温泉宿がそこいら中にあります。
 

烏来温泉

その中でもいちばん好きなのが、台北の少し南にある烏来温泉でした。泉質は弱酸性炭酸泉だそうです。透明な温泉で入るとお肌ツルツル、出た後も身体ぽかぽかです。

烏来温泉 - Wikipedia

ちなみに、台北近くの温泉だと、北投温泉、陽明山温泉は硫黄泉がメイン、ちょっと離れた礁溪温泉は炭酸水素ナトリウム泉がメインみたいですね。どちらも台北から日帰り可能です。

(注)烏来温泉は2015年秋の台風で甚大な被害を受けました。このブログの写真は2004年から2007年に撮影されたものであるため、かなり景色が変わっている可能性があります。

行き方

台北市内からバスで行く方法、MRTで途中まで行ってそこからバスで行く行き方、タクシーなどありますが、僕はMRTで新店乗り換えその後バスっていう方法でした

MRT

MRTは台北市内とその周辺に路線を張り巡らせています。ここ数年でだいぶ路線が増えたんですね。

MRT路線図

f:id:take--chan:20160315233641j:plain

 新店駅でバスに乗り換えなので、緑の路線に乗ります。南京東路であれば乗ったのがそのまま行きますし、中山北路からですと中正記念堂で乗り換えとなりますね。

新店の駅を降りて改札を出るとすぐに地上の駅前広場に出ます。

 バス乗場は、駅の改札口を出て、観光案内所の裏手にバス停があります。

乗るバスは「新店客運バス、849系統の「烏來」行」ですが、おそらくいちばん人が多いバス停で間違いないでしょう。行きは道を渡らない方のバス停なので、多分間違いないと思いますが、逆方向に乗ると市内に戻ってしまうので、気をつけてくださいね。

台湾のバスは普通、時刻表はなく、

尖峰(ピーク時)は10~15分間隔、離峰(オフピーク時)は15~20分間隔

と書いてあります。いつ来るか分かりませんが、最大20分待ちなのでのんびり待ちましょう。

台北~烏来は70元とのこと。新店~烏来は40元ぐらいだったと思います。

終点まで45分ぐらいバスに揺られます。結構山道を走りますが、山道をモノともしないダイナミックな走りをしますので、万一座れなかったらしっかりどこかに掴まっていて下さい。車酔いする方は酔い止め必須です。

終点に近くなるとこんな景色になってきます。

f:id:take--chan:20160315232213j:plain

バスの終点は温泉街の入口。人並みに乗って歩いてゆくと、橋を渡りますが、その橋で入場料が取られます。

この橋を渡ったところから右のほう(川下側)にしばらく歩くと、露天風呂があります(前述のように去年の台風で被害を受けていて、どういう形で復旧されているかよく分かりません。Webで調べてもすっきりしないのが台湾あるあるです)

詳しくは下記ブログも合わせて見て下さい

台湾原住民文化や台湾の温泉が楽しめる「烏来(ウーライ)」に行ってみた。行き帰りの方法と現地の様子を紹介 | ナカジマチカ

 

 橋を渡ってから、上流の滝までは、トロッコ汽車でゆくのが面白いのですが、こちらも台風の後、復旧したという記事もありますし、まだ時間がかかるという記事もあってよく分かりません。

最悪、トロッコが復旧していなくても、平行している道路は復旧していますので歩けます。(約1.2km) 

f:id:take--chan:20160315232315j:plain

 

 トロッコの終着駅のすぐ近くに烏來の滝(烏來瀑布)があります。落差80mの滝らしいです。

 

f:id:take--chan:20160315232450j:plainf:id:take--chan:20160315232335j:plain

その滝の麓からロープウェイが出ていて、滝上の雲仙楽園まで行けます。雲仙楽園はロープウェイチケット込みで入場料220元です。ちょっと高いですが、5月-6月の夜は蛍を見ることも出来ますので、この季節ならお得ではないかと思いますよ。

 

雲仙楽園では大自然を楽しみ、マイナスイオンあふれる中で呼吸できます。台湾で唯一無二の交走式ケーブルカーが走り、烏来を一望する景色を楽しめます。

これからも、ちょっと古い情報含めて、今までに行ったところをご紹介します。

 

 

 

台湾ガイド (スイーツ・おみやげ編)

スイーツ

アフタヌーンティ

①古典玫瑰園

www.tabitabi-taipei.com

台北市内に数店あります。行きやすいのは中山の三越の向かい側(南京店)。三段トレイのアフタヌーンティーがあります。スコーンや紅茶にバラのフレーバーが入っています。

f:id:take--chan:20160506221755j:plain

②玫瑰夫人

玫瑰夫人 Madam Rose Coffee & Tea Salon

ここも三段トレイのアフタヌーンティーがあります。入ったことありませんが、入り口から見た感じはすごく豪華そうでした。値段はそんなに高くないです。

豆花

豆腐みたいな豆花に蜜や小豆、緑豆などをトッピングして食べます。3月だったら暖かいののほうが良いと思います。屋台みたいな店のほうが美味しいです。

www.tabitabi-taipei.com

タピオカミルクティ

日本でもおなじみ。これも屋台の方がおいしくて安いです。50嵐ってのがチェーン店でいっぱい有ります。

おみやげ(烏龍茶)

一番屋

www.taipeinavi.com

試飲ができますので、1時間ぐらいゆっくりとされたらいかがでしょう。お菓子もいっぱい有ります。パイナップルケーキも美味しかったです。もちろんお茶は最高

台湾ガイド (小籠包編)

①冠京華

台北市南京東路四段133巷4弄1号

www.taipeinavi.com

街の食堂の雰囲気ですが、味は本物です。特にここではカニ味噌小籠包(蟹黄小包 (10個250元))を食べて下さい。カニ味噌の濃厚さが最高です

②京鼎楼

台北市長春路47號

中心部の小籠包だとここ

www.taipeinavi.com

日本にも支店があります。あっさりした上品な感じ。ここは、小籠包もですが、チャーハンが美味しいです。場所柄日本人が多いので、日本語が通じます。

③京鼎小館

台北市敦化北路155巷13號

www.taipeinavi.com

味はほぼ同じですが、店の雰囲気はよりローカルな感じです。デザートにもあんこ入り小籠包(豆沙小包)をどうぞ

f:id:take--chan:20160506221541j:plain

 

④小上海

www.taipeinavi.com

ここもローカル色満点。残念ながら日本語は通じません。松山空港に近いので、着いてすぐとか帰る直前に寄るのもいいかも。同じ手は京鼎小館にも使えます。

 

台湾ガイド (台北からプチトリップ)

九份

九份への行き方】お金の余裕があれば、台北で行き帰りのタクシーをチャーターするのが楽です。相場はTWD2500-TWD3000ぐらいです。 チャータータクシーであれば、近くの十分もおすすめです。

九份】十分は街中に汽車が走り、大きな滝があります。九份、十分両方回ってタクシーチャーターなら6時間ぐらいです。

九份九份だけで良いなら、バスでもいけます。

welove.expedia.co.jp

ただ、行きはよいよい・・・のけがあります

温泉

【温泉】台湾の温泉も良いですよ。烏来というところと、北投というところがあります。烏来は透明つるつる系、北投は硫黄白濁系です。北投は台北からタクシーで30分500NTDぐらい。烏来800NTDぐらいだと思います。

烏來はメインブログにも記載しています

www.take--chan.tokyo

f:id:take--chan:20160315232450j:plain

www.taipeinavi.com

市内観光

【変身写真】女の子に人気の変身写真館です。衣装・メイク・撮影がセットになっています。コスプレやチャイナドレスなど選べます。

www.taipeinavi.com

 

マッサージ

最後疲れたらマッサージに行きましょう。どこでも似た感じですが、店の前に足の裏の看板があるところの方がいいです。妙にサロンぽい感じになっているのは男性向けです。

www.taipeinavi.com